人気ブログランキング |

トランスメディア提供アイコン01 タグ:神奈川 ( 225 ) タグの人気記事

トランスメディア提供アイコン01 江ノ電 そこのけそこのけ列車が通る! Ⅱ

a0287533_15133434.jpg
a0287533_15134324.jpg
a0287533_15134702.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市

(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-12 17:00 | 鉄道 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 江ノ電 そこのけそこのけ列車が通る!

a0287533_11131382.jpg
a0287533_11132086.jpg
a0287533_11133085.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
腰越駅にて

腰越と江ノ島駅間では約900mほど路面上を列車が走行する。
道路幅は10m程度しかないので、
車と列車の間隔はギリギリである。
それにしてもよく接触事故が起こらないものだ。


(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-12 05:00 | 鉄道 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 江ノ電 街と海辺を駆け抜ける

a0287533_22010614.jpg
a0287533_22010955.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
狭い住宅街を縫うように走る江ノ電。
この鉄道の特殊性と言うのか、
民家の入り口が、
江ノ電の線路に面している箇所が多いのだ。
つまり、江ノ電の線路を横切らないと、
自宅には入れない民家が多い。
「勝手踏切」という箇所が多いのだ。
かつて、江ノ電を通すときに、
鎌倉の狭い住宅街を横切る必要があった。
土地を確保できないので、
どうしても暗黙の了解で「勝手踏切」というものができた。

(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-11 17:00 | 鉄道 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 江ノ電 海辺の踏切

a0287533_21401013.jpg
a0287533_21403483.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
江ノ電の撮影スポット。

鎌倉高校前駅にもこれとよく似た光景が見られるが、
某人気スポーツ漫画の舞台として描かれたことがきっかけで有名となり、
インスタ映えすることで、
国内からばかりか、
海外から多くの人が押し寄せてきた。

(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-11 05:00 | 鉄道 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 江ノ電 腰越にて

a0287533_22074787.jpg
a0287533_22081335.jpg
a0287533_22082187.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
江ノ電の撮影スポット。
腰越の満福寺にて撮影。

平家を滅ぼした源義経。
その頃から兄、源頼朝と確執があった。

そもそも、兄弟げんかの原因は、
義経が勝手に検非違使になったこと。
つまり、今で言う京都の警察長官になったことだとか。
都の警備を司る機関のトップになったのであるから、
将軍頼朝にとっては脅威と感じたのであろう。

義経は兄との対立を避けるべく、
鎌倉に赴いて頼朝との謁見を求め、
腰越に滞在した。

しかも、頼朝に手紙を綴り、
自分の潔白を述べたが、
結局は頼朝との謁見は実現できなかった。

さて、そこからは義経の逃亡劇が始まったの周知のとおり。
結局、奥州の平泉まで落ち延びたが、
藤原泰衡により自害に追い込まれる。

一方、悲劇のヒーローの兄貴である源頼朝、
平家を滅ぼし、
朝廷から征夷大将軍の位を譲り受け、
天下を取ったも同然。

しかし、頼朝のほうも順風満帆ではなかった。
頼朝の奥さんはご存知、北条政子。
彼は女房に尻を敷かれっぱなしの人生を歩む。

この時代の結婚は政略によって成り立つのが普通であったが、
このお二人は、恋愛によって結ばれた。
政子の方が惚れてしまったのだ。

ところが、この政子、
非常に嫉妬深く、
頼朝には側室や妾を持たせなかったのだ。
もし、頼朝に妾がいたらとんでもない報復が待っていた。

そんなあるとき、
頼朝は亀御前と言う女性に惚れてしまい、
この女性に立派な屋敷を与えた。
それを聞いた政子は激怒。
自分の手下を連れて、
亀御前の屋敷を打ち壊したという。

いつの時代も女は恐ろしい。



(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-10 17:00 | 鉄道 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 今も昔も鎌倉の江ノ電

a0287533_21564909.jpg
a0287533_21564132.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
江ノ電の撮影スポット。
御霊神社で撮影。

(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-10 05:00 | 鉄道 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 御霊神社 江ノ電踏切

a0287533_21262728.jpg
a0287533_21271761.jpg
a0287533_21272928.jpg
a0287533_21273300.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
江ノ電の撮影スポット。
御霊神社の踏切。
電車が神社の鳥居の前を通り過ぎる。

3年前のことかな。
たまたま神社の絵馬を眺めたら、
こんなものが。

a0287533_21363233.jpg
切なる願い、
お察しいたします。

今は「銀魂」などの映画やドラマで活躍中。
今はファンの一人として応援しております。

(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-09 17:00 | 鉄道 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 ご存知 鎌倉大仏

a0287533_21360016.jpg
a0287533_21361003.jpg
a0287533_21361612.jpg
a0287533_21361813.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
世界的に有名な鎌倉大仏。
正式名は阿弥陀如来坐像。

歌人、与謝野晶子は
この大仏様について和歌を詠んでいるが、
お釈迦様と間違って詠んでしまった。

今は野ざらしのままであるが、
創建当初は大仏殿があったらしい。
大仏殿がなくなったのは室町時代の津波によって流されたとだされている。

今も大仏殿が建ったという痕跡が残っている。

(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-09 05:00 | 歴史 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 長谷寺にて

a0287533_21194498.jpg
a0287533_21194816.jpg
a0287533_21195164.jpg
a0287533_21195575.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
長谷寺にて撮影

長谷寺のご本尊は十一面観音菩薩。
奈良県にも長谷寺があるが、
ご本尊も十一面観音菩薩。

祭られている像は大きく、
高さ9mもある。

奈良県の長谷寺の仏像も大きく、
その高さは11mもある。

以前、奈良の長谷寺を訪れた時、
本尊の十一面観音菩薩様の足を触らせていただいた。
寺からは五色の紐をもらい受け、
今も大切に保管している。。

(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-08 17:00 | 東京 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 新春 湘南の海

a0287533_21061409.jpg
a0287533_21061758.jpg
2019年1月6日
OLYMPUS OM-D EM5Ⅱ

神奈川県鎌倉市
長谷寺にて撮影

下の写真には江ノ電が住宅街を縫って走っている。

(無断転載は禁止です)

by note1969kagami | 2019-02-08 05:00 | | Comments(0)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
写真(風景・自然) ブログランキングへ ブログランキングNo.1