トランスメディア提供アイコン01 2018年 05月 20日 ( 2 )

トランスメディア提供アイコン01 成巽閣 屋根

a0287533_16321320.jpg
a0287533_16321621.jpg
2018年4月29日撮影
NIKON D7000
石川県金沢市兼六園にて

2階は鮮やかな群青色の壁に覆われた「群青の間」や、
紫色を用いた「群青所見の間」、
「網代の間」など、
天井・壁・床の色彩や材質に意匠を凝らした数寄屋風書院造の手法が用いられている。
2階の窓から覗くと杮葺きの美しい屋根を見ることができる。


(無断転載は禁止です)


by note1969kagami | 2018-05-20 17:00 | 歴史 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 成巽閣

a0287533_16171877.jpg
a0287533_16172103.jpg
a0287533_16172504.jpg
2018年4月29日撮影
NIKON D7000
石川県金沢市兼六園にて
文久3年(1863)、
13代目前田齊泰の母堂、奥方・眞龍院のため兼六園に建てられた建物。
巽御殿と呼ばれていた。
2階建ての大きな木造の御殿。
1階は公式の対面所としての「謁見の間」や、
居間としての「蝶の間」など、
大名としての相応しい風格をそなえた書院造である。

(無断転載は禁止です)


by note1969kagami | 2018-05-20 05:00 | 歴史 | Comments(0)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
写真(風景・自然) ブログランキングへ ブログランキングNo.1