トランスメディア提供アイコン01 兼六園

a0287533_23291046.jpg
2018年4月29日撮影
NIKON D7000
石川県金沢市兼六園にて
日本三名園の一つ。
加賀百万石前田家の庭園。
加賀歴代藩主により長い歳月をかけて形づくられてきたという。
金沢市の中心部に位置し、
四季折々の美しさを楽しめる庭園として、
多くの県民や世界各国の観光客が訪れる。

兼六園は金沢市街に対し、
結構高い大地に築かれたようだ。
このような高台に池を配置した池泉庭園を築くことは並大抵の技術では、
なかなか難しいはずである。

池の用水の取り入れは、
金沢の南を流れる犀川の上流で、
兼六園から約10km離れた上辰巳町にあるという。

まさにローマ帝国時代の用水路を彷彿させる技術が取り入れたのだ。
(無断転載は禁止です)


by note1969kagami | 2018-05-19 05:00 | 歴史 | Comments(0)

<< 兼六園 根上松 雲を計る男 >>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
写真(風景・自然) ブログランキングへ ブログランキングNo.1