トランスメディア提供アイコン01 秘境へ向かう鉄道には目玉の大きな機関車が走っていた

a0287533_20050213.jpg
a0287533_20053872.jpg
a0287533_20061348.jpg
2016年11月4日
デジタル NIKON D7000
富山県黒部市黒部峡谷にて
黒部峡谷鉄道
この鉄道は黒部峡谷の電源開発のために大正時代に開通した鉄道。
深い峡谷沿いを走るため、線路の幅は762㎜と狭い。
JR線や新幹線の線路幅と比べると随分狭く設計された。
資材や電力で働く作業員を運ぶために使用されているが、夏の間は観光用のトロッコ列車が運行されている。
宇奈月から欅平の20㎞の区間の沿線は風光明媚なところが多く、多くの観光客が訪れる。
約1時間半の列車旅を楽しむことができる。

(写真の無断転載はお断り)


by note1969kagami | 2016-11-20 20:25 | 鉄道 | Comments(0)

<< 魔物が棲むような深い谷底には澄... 「聖域」に入り込むと、山から天... >>

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
写真(風景・自然) ブログランキングへ ブログランキングNo.1