トランスメディア提供アイコン01 <   2017年 05月 ( 44 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 皐月の庭園 Ⅱ

a0287533_22133798.jpg
a0287533_22135362.jpg
2017年5月4日
デジタル NIKON D7000
宮城県宮城郡松島町
臨済宗妙心寺派の寺院、円通院にて。

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-05-31 18:12 | 歴史 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 円通院 皐月の庭園

a0287533_21581579.jpg
2017年5月4日
デジタル NIKON D7000
宮城県宮城郡松島町
臨済宗妙心寺派の寺院、円通院にて。


(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-05-30 18:57 | 歴史 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 円通院三慧殿 支倉常長の遥かな夢

a0287533_21290963.jpg
2017年5月4日
デジタル NIKON D7000
宮城県宮城郡松島町

臨済宗妙心寺派の寺院、円通院。
東北随一の古刹、瑞巌寺に隣接する。
仙台藩初代藩主伊達政宗公の孫、伊達光宗の菩提寺でもある。
光宗の霊廟である三慧殿は国の重要文化財に指定されており、その厨子には支倉常長がヨーロッパから持ち帰った薔薇が描かれている。
他にもハートやクローバー、ダイヤの図柄が、この厨子に描かれている。

支倉常長は伊達政宗の家臣。
正宗の命により、ヨーロッパへ派遣。(1613年)
目的は伊達藩とスペインとの交易が目的だとされる。
でも、
実はスペインと手を結び、徳川幕府を武力で潰し、正宗が天下を取ることが目的だとか・・・。

しかし、常長が帰国したころは幕府は鎖国政策を実行。
結局、支倉常長の功績は歴史の闇に葬られることに。
常長の夢は儚いものとなった。

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-05-29 18:18 | 歴史 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 五月の松島 凪の海

a0287533_22074977.jpg
a0287533_22080314.jpg
2017年5月4日
デジタル NIKON D7000
宮城県宮城郡松島町

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-05-28 22:06 | | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 松島 のたりのたりの皐月海

a0287533_21441491.jpg
a0287533_21442929.jpg
a0287533_21445326.jpg
2017年5月4日
デジタル NIKON D7000
宮城県宮城郡松島町
日本三景の一つ松島
写真のお堂は瑞巌寺五大堂

小学生の頃こういう句があったのを習った
松島や ああ松島や 松島や

この句はかなり有名であるが、俳句ではない。
どちらかというと、駄句なのだ。
季語はないし、ただ同じ語(地名)を並べたもの。

この句を松尾芭蕉が詠んだとされているが、
松尾芭蕉は「奥の細道」で松島を訪れた時に、俳句を詠んではいないのだ。

こんな句を名匠松尾芭蕉は残すはずはないのだ。

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-05-27 17:42 | | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 松島 朝日が春の海に反射す

a0287533_21570826.jpg
a0287533_21594172.jpg
2017年5月4日
デジタル NIKON D7000
宮城県宮城郡松島町
日本三景の一つ松島
松尾芭蕉は「奥の細道」で松島を訪れたことを書いている。
しかし、芭蕉は松島についての俳句は残していない。
その訳を、伊賀蕉門・服部土芳の「三冊子」に見られる「師のいはく、『絶景にむかふ時は、うばはれて不叶』」と書かれているように、
あまりの絶景に感化され、意識的に句を示さなかったとする見方もある。

ただし、「おくのほそ道」に記すことはなかったが、
芭蕉は後に「島々や千々に砕きて夏の海」という句を残した。

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-05-26 17:56 | | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 自由に泳ぐ

a0287533_10222139.jpg
a0287533_10224387.jpg
a0287533_10230286.jpg
2017年5月2日
デジタル NIKON D7000
茨城県東茨城郡大洗町
大洗アクアワールドにて

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-05-25 17:21 | 動物 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 人間観察モニタリング

a0287533_22073202.jpg
a0287533_22074636.jpg
a0287533_22081390.jpg
a0287533_22082532.jpg
a0287533_22084081.jpg
2017年5月2日
デジタル NIKON D7000
茨城県東茨城郡大洗町
大洗アクアワールドにて

イルカが近づいたことで、子供やその親御さんがはしゃいでいる。
しかし、このイルカは遊んでいるわけではなく、何故かプールの底でじっとしている。
イルカに向かって手を振っても反応しない。
イルカの目を見れば、意外と狡猾な顔をしている。
アクリルガラス越しにこちらをじっと見ているのだ。
観察しているのは我々人間ではなく、イルカのほうが人間を観察しているようである。

(写真の無断転載はお断り)



by note1969kagami | 2017-05-24 19:06 | 動物 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 海泳ぐマンボウ

a0287533_22202461.jpg
a0287533_22203197.jpg
2017年5月2日
デジタル NIKON D7000
茨城県東茨城郡大洗町
大洗アクアワールドにて

水槽を泳ぐ巨大マンボウ
マンボウの目がやや怖い!

マンボウはデリケートな魚で、飼育するのも難しい。
これだけ、おおきなマンボウが泳いでいるのを見られるのは、なかなか珍しい。

(写真の無断転載はお断り)


by note1969kagami | 2017-05-23 18:16 | 動物 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 海のコワモテ顔

a0287533_21280610.jpg
a0287533_21281520.jpg
a0287533_21282284.jpg
a0287533_21283524.jpg
a0287533_21284778.jpg
2017年5月2日
デジタル NIKON D7000
茨城県東茨城郡大洗町
大洗アクアワールドにて

水槽を泳いでいるのはシロワニというサメ。
体長は3mぐらいあると思われる
一見、怖い顔をしているが、性格は温厚らしい。
人間界でも、コワモテ顔の人物も、本当はいい人が多いのだ。

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-05-22 18:27 | 動物 | Comments(0)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
写真(風景・自然) ブログランキングへ ブログランキングNo.1