トランスメディア提供アイコン01 <   2012年 09月 ( 49 )   > この月の画像一覧

トランスメディア提供アイコン01 三多気の桜

a0287533_23193135.jpg


季節はかなりずれていますが、桜のスポットを紹介いたします。
三重県津市美杉町三多気です。
棚田と桜を一望できます。
訪れた時はあいにくの雨でした。

2012年4月

名阪国道針ICに降りて、
国道369号線を宇陀市方面に進み、
国道368号線に入ること。

by note1969kagami | 2012-09-30 23:24 | | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 砂丘の夜明け

a0287533_20242678.jpg



a0287533_20243719.jpg


2009年10月 鳥取砂丘にて

FISHEYEレンズを用いて長時間露光撮影

by note1969kagami | 2012-09-30 20:25 | 自然 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 衝撃! 崖っぷちのお堂

a0287533_22123616.jpg


世の中、崖っぷち、崖っぷちといいます。
日本の政治経済も崖っぷち。
こんな崖っぷちの日本にも、驚くべき建造物があります。
それが、三徳山山仏寺投入堂です。
なんでも、役行者という修行僧が法力で投入れたという伝説があります。
このお堂の建築様式を比較すれば、平安時代の末期か鎌倉時代の初期に建造されたとのこと。
驚くべきなのは、高さ100m程度の断崖に、巧みにお堂を建造したことです。
お堂を支える柱一本一本の長さも違っており、まるで踏ん張って立っているように見えます。
建設機械のない時代に、一体、どのようにしてこのお堂を建てたのか謎とのこと。
さらに驚くべきことに、約千年の時を経た現在まで、一度も倒壊したことがないとのことです。
現在の技術をもっても、この木造のお堂を建てることは困難でしょう。


このお堂に到達するには、いくつもの難所があります。
約1時間ほどの山道を歩いて、このお堂の近くまでたどり着くのですが、
途中に、岩場や鎖場を登る必要があり、しかも、「馬の背」と呼ばれる、尾根道も歩かなければいけません。
いくつもの難所を越えてから、このお堂にたどり着くことができるのです。
しかし、このお堂内には入ることはできません。お堂の入口もなければ、お堂に近づく階段や通路がないのです。
あまりにも危険があるからです。

(以前、抽選でこのお堂をお参りした、方がおられましたが、それなりの準備と装備が必要で、登山経験者も同行しておりました)

もともと、この山は修験道の聖地として開かれた場所です。
ですので、訪れた人も修行のつもりで、この山を登らなければいけないのです。

「崖っぷち」と言っても、1000年近くもそのお堂はそこに建っているのですから、日本も崖っぷちに立たされても、踏ん張ってほしいものです。

by note1969kagami | 2012-09-29 22:35 | 歴史 | Comments(1)

トランスメディア提供アイコン01 砂丘の模様Ⅱ

a0287533_22192539.jpg


2009年10月撮影

早朝の鳥取砂丘。
絶景に見とれながら、しばらく歩いた。

by note1969kagami | 2012-09-28 22:22 | 自然 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 砂丘の模様

a0287533_2221453.jpg


2009年10月撮影

鳥取砂丘の風紋は、よほどの条件がない限り、なかなか目にすることができないようです。
神戸から夜通し車で走り、早朝に到着しました。
早朝でないと、風紋が訪れる観光客によって踏みつけられるわけで、綺麗な風紋が見れないわけです。
しかし、前夜に風が強く吹かない限りは、砂丘に風紋はできません。
結局は広大な砂丘を歩き回って撮影したのが、先日このブログで掲載した「風紋」です。

ほんの砂丘の一角にありました。
広角レンズを使って撮影したので、無限に広がる風紋を撮影することができました。

by note1969kagami | 2012-09-28 22:13 | 自然 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 プロフィール写真について

a0287533_23161456.jpg

プロフィール写真について説明します。
この写真は京都妙心寺東林院で撮影した沙羅双樹の花です。
そうです、あの平家物語の冒頭
「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
 沙羅双樹の花の色・・・・・」という文言で有名ですが、
その沙羅双樹(ナツツバキ)の花です。
京都妙心寺塔頭の一つ、東林院に訪れた時の写真です。
梅雨の時期の6月から7月の初旬に咲く花ですが、
東林院には、紗羅双樹の花が咲く庭を鑑賞できます。
庭には一面の花が落ちており、世のはかなさを象徴しているように見えます。
この写真は2006年6月に訪れ、美しく咲いている花を見つけたので、撮ったものです。
今年、もう一度同じ時期に訪れましたが、このような花を見かけることはありませんでした。
まさに「一期一会」とはこう云うことです。

by note1969kagami | 2012-09-27 23:30 | 京都 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 砂丘

a0287533_21102929.jpg

2009年10月撮影

鳥取砂丘にて
過去に撮りためた、写真をどんどんアップロードしたいと思います。
季節に関係なく・・・・・・。

by note1969kagami | 2012-09-27 22:09 | 自然 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 風紋Ⅱ

a0287533_222191.jpg


2009年10月撮影

鳥取砂丘にて

by note1969kagami | 2012-09-27 22:03 | 自然 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 熊野古道 橋杭岩夜明け

a0287533_231039.jpg


2012年7月
和歌山県串本町にて

by note1969kagami | 2012-09-26 23:10 | | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 風紋

a0287533_21343057.jpg
a0287533_21353371.jpg


2009年10月 鳥取にて

by note1969kagami | 2012-09-26 21:37 | 自然 | Comments(0)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
写真(風景・自然) ブログランキングへ ブログランキングNo.1