トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:世界遺産( 251 )

トランスメディア提供アイコン01 黄昏時の工場跡地

a0287533_14385200.jpg
a0287533_14390663.jpg
a0287533_14392787.jpg
2017年6月10
デジタル NIKON D7000
群馬県富岡市
富岡製糸場跡にて

養蚕の歴史は古く、紀元前3000年から中国で始まった。
紀元前3世紀には生糸がローマ帝国に伝わり、養蚕・製糸技術が世界に広まった。

日本に養蚕技術が中国から伝わったのは紀元前後。
それからしばらくは各農家が細々と生糸の生産に携わっていたが、
日本で本格的に生糸の生産が盛んになったのは18世紀以降。
1859年の開港以降、日本からの生糸の輸出が始まった。
1872年に富岡製糸場が操業開始。
1930年代になると、日本の生糸が世界市場の80%を占めるほどになったのだ。

この地では、蚕のことをお蚕様と呼んでいる。
小さな白い芋虫が、生糸という富をもたらしてくれるのだ。

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-07-17 17:37 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 富岡製糸場 止まったままの工場

a0287533_14263707.jpg
a0287533_14265326.jpg
a0287533_14270721.jpg
2017年6月10
デジタル NIKON D7000
群馬県富岡市
富岡製糸場跡にて

富岡製糸場は、「富岡製糸場と絹産業遺産群」として2014年世界遺産に登録。
当工場跡地は4つの構成資産のうちの一つ。
そのほかの資産は
①荒船風穴
②田島弥平旧宅
③高山社跡

いずれも絹産業に大きく関わった資産である。
(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-07-17 05:25 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 富岡製糸場 昔々の風景

a0287533_22585283.jpg
a0287533_22590349.jpg
2017年6月10
デジタル NIKON D7000
群馬県富岡市
富岡製糸場跡にて

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-07-16 16:58 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 時はそこで止まりけり

a0287533_23135521.jpg
a0287533_23140745.jpg
2017年6月10
デジタル NIKON D7000
群馬県富岡市
富岡製糸場跡にて

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-07-16 05:13 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 富岡製糸場 昔の栄華も夢の跡

a0287533_22115352.jpg
a0287533_22120254.jpg
2017年6月10
デジタル NIKON D7000
群馬県富岡市
富岡製糸場跡にて

写真は首長館跡。
工場の創建当初、製糸技術の指導者としてフランスから招かれた、ポール・ブリュナの宿舎を増築したもの。
ブリュナは工女たちに、生糸生産のノウハウを教え、日本の生糸生産に大きな貢献を果たした。


(写真の無断転載はお断り)


by note1969kagami | 2017-07-15 17:11 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 富岡製糸場 今は永遠の眠りにつく機械たち

a0287533_21553831.jpg
a0287533_21554755.jpg
a0287533_21555748.jpg
a0287533_21560548.jpg
2017年6月10
デジタル NIKON D7000
群馬県富岡市
富岡製糸場跡にて

写真は繰糸所。
繭から生糸を作る施設で、製糸工場の中心となる施設。
長さは140mもある巨大な建造物である。
天井は木製のトラス構造となっており、地震でもびくともしない構造となっている。
1987年までは工場は稼働していたが、安値なナイロン製の繊維が出回ったり、世界的な価格競争のため、安い生糸が出回り、工場の操業は停止された。
写真の機械は戦後導入されたものであり、生糸を自動的に生産することで生産量が飛躍したらしい。

(写真の無断転載はお断り)


by note1969kagami | 2017-07-15 05:55 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 富岡製糸場 赤レンガ建造物

a0287533_21285783.jpg
a0287533_21290441.jpg
2017年6月10
デジタル NIKON D7000
群馬県富岡市
富岡製糸場跡にて

富岡製糸場が設立されたのは1872年(明治5年)
明治維新後のわずか4年で、近代的な工場が設立されたのだ。
当時、技術はフランスから導入されたもので、繭糸を紡ぐ機械もフランスから持ち込まれたもの。
絹糸生産の技術を学ぶため、全国から若い女性が、工女として雇われた。
そして、若い工女が学び取った技術が、後に全国に広がった。
そして、日本の生産した生糸は世界最高品質と世界中から絶賛され、日本に莫大な富をもたらしたのである。

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-07-14 17:28 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 富岡製糸場 東置繭所

a0287533_21191078.jpg
a0287533_21191747.jpg
2017年6月10
デジタル NIKON D7000
群馬県富岡市
富岡製糸場跡にて
群馬県は古くから養蚕が盛んなところ。
絹産業の遺産が今も残っている。
そのなかで、世界遺産富岡製糸場は日本の絹産業を支える最先端の工場であった。
写真は東置繭所。
2階建てのレンガ造りの細長い建造物は、2階は繭の保管場所として使われたという。

(写真の無断転載はお断り)


by note1969kagami | 2017-07-13 17:16 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 雪の巡礼道

a0287533_22281316.jpg
2017年1月14日
デジタル NIKON D7000
栃木県日光市日光山輪王寺大猷院にて

(写真の無断転載はお断り)

バッバッビブベバビブベバビブ



by note1969kagami | 2017-02-12 03:27 | 世界遺産 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 冬の静寂と沈黙

a0287533_21203145.jpg
2017年1月14日
デジタル NIKON D7000
栃木県日光市日光山輪王寺大猷院にて

(写真の無断転載はお断り)


by note1969kagami | 2017-02-11 16:19 | 世界遺産 | Comments(0)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
写真(風景・自然) ブログランキングへ ブログランキングNo.1