トランスメディア提供アイコン01 カテゴリ:廃墟( 36 )

トランスメディア提供アイコン01 朽ちたトラス

a0287533_22135293.jpg
2017年3月11日
デジタル NIKON D7000
栃木県日光市足銅山にて

江戸時代に栄えた銅山。
採掘された銅は、神社仏閣の建材として使われた。
とくに日光東照宮の瓦の装飾として使われたのだ。

明治期になると日本の銅産出量の40%ほどの生産を上げる大銅山に成長。
しかし、この鉱山開発と製錬事業の発展の裏では、足尾山地の樹木が坑木・燃料のために伐採された。
しかも、掘り出した鉱石を製錬する工場から排出される煙や鉱毒が大きな環境汚染をもたらした。
周辺の山々は荒廃し、山地を水源とする渡良瀬川は洪水を頻発した。
製錬による廃棄物は渡良瀬川下流域の平地に流れ込み、水質・土壌汚染をもたらした。
この土壌汚染によって作物は実らなくなったのだ。
いわゆる、足尾銅山鉱毒事件である。

明治政府はその解決策として、洪水対策として、これ以上汚染物質が拡散しないように、
渡良瀬川下流域にある谷中村の住民を追い出し、広大な遊水地を造成した。

これが今の渡良瀬遊水地である。

この公害問題で、一人の男が奔走した。
その人は田中正三
早くから足尾銅山から垂れ流される鉱毒による環境汚染を指摘。
国会議員になって、明治政府に掛け合うが、聞き入れることはなかった。
ついには明治天皇に直訴しようとするも、逮捕、投獄される。
それでも、彼はめげずに、公害問題を解決するために、人生をささげたのだ。

そして、現在。
今は何にかと環境問題。
土壌汚染や水質問題で世間は揺らぐ。
マスコミは大きく騒ぐ。

そして2011年3月11日
福島に不幸が訪れる
あれほど安全安全とうたわれていた、日本の原子力発電。
結局は大きな事故を起こし、今も故郷に帰れない人が大勢いる。
いったい誰がこの責任をとるのか。
結局は責任の押し付け合い。
日本政府はこれらの問題を真剣に取り組もうとしない。

足尾鉱毒事件が起こった当時についても、日本人は何も学ぼうとしない。
悲しい現実。

(写真の無断転載はお断り)



by note1969kagami | 2017-04-06 20:12 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 朽ちたレンガ

a0287533_00162187.jpg
2017年3月11日
デジタル NIKON D7000
栃木県日光市足銅山にて
足尾銅山の施設の一つだろうか?
昔の栄華を偲ばせる古いレンガ造りの建造物。

(写真の無断転載はお断り)


by note1969kagami | 2017-04-06 00:15 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 錆びた鉄路

a0287533_23520292.jpg
a0287533_23552719.jpg
2017年3月11日
デジタル NIKON D7000
栃木県日光市足銅山にて
今は使われることのない線路。
鉱山が稼働したときは鉱石を積んだ貨物車両が行き来していたのだろう。

(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-04-05 06:51 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 大煙突 夢の跡

a0287533_21391102.jpg
a0287533_21400845.jpg
a0287533_21433166.jpg
2017年3月11日
デジタル NIKON D7000
栃木県日光市足尾駅にて


(写真の無断転載はお断り)

by note1969kagami | 2017-04-04 21:35 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 眠れる列車

a0287533_21361883.jpg
a0287533_21362707.jpg
2017年3月11日
デジタル NIKON D7000
栃木県日光市足尾駅にて
かつて、国鉄時代、日本中を走り回った気動車。
今は動くことなく永遠の眠りにつく。

(写真の無断転載はお断り)



by note1969kagami | 2017-04-03 05:35 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 闇の道

a0287533_21210029.jpg

2016年8月13日
デジタル NIKON D7000
神奈川県横須賀市猿島にて

猿島へは横須賀から定期便が運航しており、けっこう行きやすい。
島には約10分くらいで到着する。
船の便数も多いので、便利である。
夏は猿島で海水浴やバーベキューを楽しむ観光客も多い。
夏場は混雑するので要注意。
帰りの船の便は混雑を避けるのがよかろう。
島は小さいので砲台跡は小一時間で周ることもできる。
島のツアーガイドもいるので、砲台跡の歴史を勉強したい方は島のツアーを予約することもお勧めします。

(写真の無断転載はお断りします)

by note1969kagami | 2016-08-29 21:23 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 人間の去った後の文明を支配するもの

a0287533_20173504.jpg
a0287533_20171949.jpg
2016年8月13日
デジタル NIKON D7000
神奈川県横須賀市猿島にて

人間が築き、人間が立ち去った文明は、お決まりのように植物に淘汰されるようである。
あとは森に帰るのだ。
どんな優れた文明でも、人間が去れば、樹木が支配する。
この遺構も同じ運命をたどるのであろうか?

(写真の無断転載はお断りします)

by note1969kagami | 2016-08-28 20:23 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 兵どもの夢の跡

a0287533_08512660.jpg
a0287533_08502359.jpg
a0287533_08500343.jpg
a0287533_08493247.jpg
a0287533_08483720.jpg

2016年8月13日
デジタル NIKON D7000
神奈川県横須賀市猿島にて

(写真の無断転載はお断りします)




by note1969kagami | 2016-08-28 08:55 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 要塞 夢の跡 sanpo

a0287533_18404266.jpg
a0287533_18395326.jpg
a0287533_18393917.jpg
a0287533_18392823.jpg
a0287533_18391568.jpg
2016年8月13日
デジタル NIKON D7000
神奈川県横須賀市猿島にて

横須賀の小さな無人島猿島。
そこには要塞の遺構が残っていた。
堅固な弾薬庫などのレンガ遺跡が残っているのだ。
トンネルもあるので、探検気分が味わえる。

(写真の無断転載はお断りします)



by note1969kagami | 2016-08-27 18:46 | 廃墟 | Comments(0)

トランスメディア提供アイコン01 猿島 要塞の島

a0287533_21033623.jpg
a0287533_21034370.jpg
a0287533_21034991.jpg
a0287533_21040696.jpg

2016年8月13日
デジタル NIKON D7000
神奈川県横須賀市猿島にて

横須賀の沖合2~3㎞付近に小さな無人島猿島がある。
東京湾の入り口に位置するこの小さな島は、かつて軍事上重要な島であった。
洋上からの外敵の侵入をふせぐため砲台が設置されたのだ。

(写真の無断転載はお断りします)


by note1969kagami | 2016-08-26 21:09 | 廃墟 | Comments(0)

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
写真(風景・自然) ブログランキングへ ブログランキングNo.1